手作りラップ!エコ蜜蝋ラップ♪[外禁令時に作ってみた&自然環境問題]

bio

皆様こんにちわー。

蝉は鳴かずとも、温度計は30℃前後を差し。

今週から来週にかけて真夏並みの暑さを予想され、扇風機準備しなきゃ?!なっとります~。

(毎年エアコンほしい~って悩んで→何とか暑さに耐えて→来年こそはって言うてる笑)

今回は、BIO的な記事になります。

前々から気になってた…海洋プラスチック問題!

プラスチックなど排出されたゴミと自然環境の関係について。。

ゴミが自然界で分解されるのに要する期間
 ガラス製のボトル 100万年
 モノフィラメントの釣り糸 600年
 プラスチック製の飲料ボトル 450年
 紙おむつ 450年
 アルミ缶 80~200年
 発泡プラスチック製のブイ 80年
 ゴム長靴の底 50~80年
 発泡プラスチック製のカップ 50年
 ブリキ缶 50年
 皮革 50年
 ナイロンの生地 30~40年
 プラスチック製のフィルム容器 20~30年
 ビニール袋 10~20年
 タバコのフィルター 1~5年
 ウールの靴下 1~5年
 ベニヤ板 1~3年
 ワックス加工のされた牛乳パック 3ヶ月
 リンゴの芯 2ヶ月
 新聞紙 6週間
 オレンジやバナナの皮 2~5週間
 ペーパータオル 2~4週間
(引用:U.S. National Park Service; Mote Marine Lab, Sarasota, FL and “Garbage In, Garbage Out,” Audubon magazine, Sept/Oct 1998. & padi.co.jp)

サージカルマスクに関しては・・・450年!!!(最近フランスではサージカルマスクのポイ捨てばれたら罰金135€に)

引用:TF1

なんか、人間でさえ最後は害なく自然の土に帰れるように出来ているのに。。

たった約80年前後地球で過ごさせてもらうだけで、何百年も害として残すものを多量に生み出し続けてる人間。。

自然環境問題の原因は勿論これだけではないやろけど~。

出来る身近なちっちゃいことからでも。。。

ってことで、今回外禁令中に作ってみました!

蜜蝋ラップ★Le bee wrap

引用:Amazon.fr

水で洗ってくりかえし使え、抗菌効果あり。

働き蜂のお腹部分から分泌されるロウ。

蜜蝋ラップについて、分かりやすく詳しく記されてる方のブログです↓

かわいく脱プラ!蜜蝋(ミツロウ)エコラップの作り方&使い方
食品の保存によく使われるプラスチック製のラップ。 燃やすとダイオキシンの発生につながることが、過去に問題になり ...

 

引用:pousse pousse

↑クレラップの中身は毒性があり、一回きり。アルミホイルは薄ぎてリサイクル不可・資源としても中身は再利用できるほどない。蜜蝋ラップは、長持ち、危険性なしの自然素材、食品の保存状態も良好~♪♪

 

こっちではBIOスーパーで前々からよく見かけてて、気になっていました。

引用:Alternativi

このセットと蜜蝋のお値段が同じくらいやったので~お家にはマスクの残り布もあり。

手作りってみようっと♪

引用:Infographies-GoodPlanet-x-Marmiton

↑好きな大きさに布を裁ち、クッキングペーパー上に布を広げ粒々tみつろうをばら撒いて。

80℃のオーブンで2,3分!!乾かしてできあがり♪

私はオーブンじゃなく、この上にもう一枚クッキングペーパーのせてアイロンで。

なんとも雑包みーと、使いまわしとるぜー感(笑)

いや~これ!かなり使えます~準備したお皿やお椀にささっと★

アルミホイルやサランラップ無駄遣い使用量が、ほぼほぼ無くなりました!!

水洗いと洗剤(お湯はロウが溶けちゃう)洗いで夜干したら翌日には乾いてる♪

蜜蝋は未精製のものを使用。最初はちょっと独特の香りがあって・・・どないかなぁと思ってたけど、物に移ることもなく、洗うごとに薄れていく&なれていきます~。

2ヶ月ほど毎日つこてますが、まだまだ全然いけそうな感じです☆

握りおむすびに蜜蝋ラップ♪どないでしょうか~★(でも日本には竹とかいろんな素材弁当箱とかもあるからいいな~)

蜜蜂さん達にホンマに感謝♪

コメント